ミニバイクレース S-1GP ..
 
S-1GP OFFICIAL WEB SITE ..
 

サーキット走行でのマナー

 

簡単なサーキット走行でのマナーを記載しましたので御参照ください。

コースイン及びコースアウト時はコースの状況を判断し危険の無いように行ってください。
その際他のライダーや周りの方に判りやすいように手を上げるなどの合図をしてください。

転倒時は自分と後続車の安全を確保することが最優先です。すぐにバイクに駆け寄らず周りの状況を把握してから避難しましょう。
危険を知らせる為に片手を大きく上げると後続車が認知しやすくなります。
その上でバイクを安全な場所に移し走行可能であるなら安全を確認し再スタートしてください。

練習走行時で他の走行車を抜く場合は安全かつスムーズにお願いします。
安全を確保出来ない場合は無理に追い抜きなどせずに一度コースアウトするか、エスケープゾーンを利用して離れた所を走行するように心がけましょう。
また後ろから速いライダーが来た場合はそのまま走行するか譲る意志を伝えるようにしてください。
不意に避けようとすると接触事故の原因となります。
速いライダーは前にペースの遅いライダーが居ても2〜3コーナーは余裕を持って様子を見てから追い抜くように心がけましょう。


サーキットではフラッグ(旗)により走行中のライダーに指示をいたします。
下記フラッグはよく使われるフラッグの一例ですので憶えて置いて下さい。

 

日章旗(白ベースに赤い日の丸の旗)
 スタート時に使われます。
 この旗を振り下ろしたときがスタートです。

 

イエローフラッグ(黄色い旗)
 前方に転倒車や危険物がある時に振られます。
 イエローフラッグが振られている場所では追い越し禁止です。

 イエローフラッグを振っているコーナー手前から危険を回避するまでは追い越し禁止です。


 
レッドフラッグ(赤い旗)
 この旗が振られるとレース中止です。
 マーシャルの指示にしたがってコースアウトして下さい。

 
ブラックフラッグ(黒い旗)
 ゼッケンナンバーと一緒に掲示されます。
 指定されたゼッケンのライダーはピットインして下さい。

 
ブルーフラッグ(青い旗)
 この旗は周回遅れなどのライダーに後から速いライダーが近づいてる事を知らせています。
 後から来たライダーにコースを譲りましょう。

チェッカーフラッグ(白と黒のチェック柄の旗)
 レース終了をしらせる旗です。
 練習走行終了時もこの旗が振られます。